ヒアルロン酸の効能を解説。

ヒアルロン酸も、グルコサミンと同様に、関節の健康に大切な栄養素で、副作用が少なく、安全性が高いと言われています。
同時に摂取する事で、より効能が高まりますので、出来るだけ、ヒアルロン酸も一緒に摂取しましょう。

ヒアルロン酸とは?

「硝子体(hyaloid)のウロン酸(uronic acid)」が名前の由来だと言われています。

鶏のトサカや魚の目玉、フカヒレなどの食品に多く含まれ、コラーゲンとともに美肌の栄養素として人気で、化粧水などにもよく配合されています。

ヒアルロン酸は、体内では軟骨や腱、皮膚や血管などに広く分布しており、グルコサミンやコンドロイチンとともに、関節においても大切な栄養素です。

ヒアルロン酸の効能。

皆さんが、一番気になるヒアルロン酸の効果を下記に紹介しますので、食品やサプリメントを上手に利用して、日々の健康に役立てて下さい。

関節痛を緩和します。

軟骨や角膜、皮膚などに存在するヒアルロン酸は、関節の動きをスムーズにする効能や、骨にかかる衝撃を和らげるクッションの役割を持ち、軟骨の減少を防ぐことで関節痛を緩和します。

また骨関節炎の患部に直接注射するなど、、医薬品としても使用されています。

肌の潤いを保ちます。

優れた保湿効果を持ち、体内の細胞をみずみずしく保ちます。
また、ヒアルロン酸には、ビタミンやミネラルなどを細胞の奥まで浸透させる効能もありますので、潤いのある肌作りに大事です。

目の健康に役立ちます。

ヒアルロン酸は、目の硝子体にも多く含まれ、目の潤いや弾性を維持しています。

ドライアイや疲れ目などの目薬や、眼内注射で白内障治療の補助剤としても用いられています。

生理不順や更年期障害などを緩和します。

卵巣にも多く存在しているヒアルロン酸は、卵子を卵管へ排出する働きもあります。

この働きが、正常に行われることで、生理痛や生理不順、更年期障害などが緩和されると言われています。

ヒアルロン酸注射の副作用。

コラーゲンやコンドロイチンとともに、美肌に欠かせないと言われているヒアルロン酸は、副作用が少なく、サプリメントや化粧水などでも人気ですが、近年、肌に直接注射するといった方法が非常に人気となっています。

しかし、皮膚への注射は、厚生労働省では認められておらず、医師が責任を持って使用するとの条件により行われています。

また、個人的にヒアルロン酸を輸入し、皮膚へ注射を行っている方もいるようですが、皮膚にしこりが残ったり、皮膚が壊死してしまうなどの副作用や後遺症が報告されていますので、安易に行わないようにして下さい。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.