上手に摂取するために。

グルコサミンは、フカヒレや魚の頭や眼球などの食品に含まれています。
しかし、日常的に摂取するには難しい食品が多いので、サプリメントを利用されるのもよいでしょう。
また、コンドロイチンと同時に摂取するこで、飛躍的に効果が向上することが明らかになっていますので、副作用や医薬品との相互作用に注意しながら、上手に摂取して下さい。

グルコサミンを含む食品。

グルコサミンは、カニやエビなど甲殻類の殻に多く含まれています。

日常的な食品では、魚の頭・ヒレ・眼球、フカヒレ、アンコウなどに含まれています。
しかし、これらの食品を毎日摂取することは、なかなか難しく、また、食べ物には微量にしか含まれていないため、十分な量を摂取することができないと言われています。

そのため、グルコサミンのサプリメントは注目を集めています。
グルコサミンサプリメントを選ぶ際のポイントはこちらを参考にして下さい。

グルコサミンとコンドロイチン。

グルコサミンとともに、軟骨に重要と言われている成分に、コンドロイチンがあります。

コンドロイチンは、関節痛や神経痛の医薬品として使用されています。

グルコサミンは、単体でも効果に期待できる栄養素ですが、コンドロイチンと同時に摂取することで、効果が飛躍的に向上することが様々な研究で発表されています。

グルコサミンの安全性。

イタリアの研究者チームによって行われた動物実験により、インドメタシンなどの非ステロイド抗炎症薬に比べて、1000倍以上安全であることが確かめられています。

毎日300gのグルコサミンの投与を1年間続けた小動物に、全く毒性が認められなかったのです。

副作用などの摂取時の注意点。

もともと体内で合成される栄養素であるため、副作用が少なく、安全性が高いと言われていますが、下記のような注意点もあります。

■グルコサミンは糖の1種ですので、糖尿病の方は血糖値の変化に注意が必要です。

■ワルファリン(抗凝血薬)などの医薬品との併用は、薬の作用を増強する可能性があります。

■若い方が長期にわたり摂取すると、自然な軟骨再生力を弱める可能性があります。

動物にも重要なグルコサミン。

もともとグルコサミンは、アメリカで獣医たちが、食事のサプリメントとして、競走馬やペットの関節炎の治療用に用いていたのです。

自分達が飼っている競走馬やペットに効果があることがわかり、関節炎に苦しんでいた人たちや、医師も使うようになったのです。

関節の重要性に、人も動物も関係ありません。
家族の一員である、動物の軟骨と関節の健康を保つためにもグルコサミンは重要なのです。

現在では、犬用のサプリメントなども販売されています。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.