関節に良い運動法。

関節の健康の為には、グルコサミンやコンドロイチンなどの摂取の他に、適切な運動も必要です。
こちらでは、関節を痛めない運動法を紹介していますので、ぜひ参考にして、日々の健康に役立てて下さい。

運動の必要性について。

運動すると、関節を支える筋肉や靭帯、腱が鍛えられ、これによって関節の可動域や柔軟性、緩衝性が保たれます。

鍛えられて筋肉や靭帯、腱は、体を動かす動作に伴う衝撃を受け止め、体全体をしっかり支えてくれます。
つまり、関節にかかる負担を肩代わりし、軟骨を守ってくれます。

グルコサミンの摂取は関節には欠かせませんが、運動をしないと関節は自然に退化してしまいます。

また、運動は関節の健康の為だけではなく、快適な睡眠やストレスの解消、免疫力の向上などにも役立ち、心身ともに良いことばかりなのです。

下記に、変形性関節症などの関節症を患っていても、比較的楽にできる運動法を紹介しますので、ぜひ自分に合った運動法を探す参考にして下さい。

ウォーキング。

有酸素運動は、循環器系を鍛え、脂肪を燃焼し、体全体の調子を整えます。

ただし、ゆっくりしたペースで歩いても心拍数が上がりませんので、走る必要はありませんが、せめて早歩きぐらいのペースで歩きましょう。

ウォーキングは衝撃が少なく、走る際ほど地面を強く蹴りませんので、あまり関節に負担がかかりません。
時速2km以上のペースで歩くと、負担は走る場合と変わらないとされています。)

ウォーキングの魅力は、特に必要となる場所や道具は無く、家族や友人と一緒にできることですが、有酸素運動としてのウォーキングが大事なので、ペースはしっかり保ちましょう。

サイクリング。

サイクリングの長所はウォーキングの長所と共通するものが多いのですが、自転車をこぐ時は、下半身で体を支える必要がありませんので、下半身への負担が極端に少ないのが特徴です。

腰や膝の調子が悪い方は、サイクリングのほうが楽にできるでしょう。

体全体を支える必要が無いので、骨を丈夫にする効果にはあまり期待できませんが、ウォーキングに比べて、腿の筋肉(特に四頭筋)が短い間に鍛えられます。

水中エクササイズ。

水中で行なうエクササイズは、浮力が体重を支え、関節に負担をかけません。

医師や理学療法士も、誰もが水中エクササイズを支持しています。

泳ぎが苦手でも、水中エキササイズはできます。

ストレッチ(柔軟体操)を大切に!

どんなエクササイズ・プログラムにもストレッチを取組む必要がありますが、変形性関節症の方には特に大切だと言われています。

  • いきなり筋を引っ張らないように、必ず体を温めてから伸ばしましょう。
  • 自己流でやらずに、正しい方法を学びましょう。
  • 勢いでやらずに、力を抜いて伸び、その姿勢を保つのが効果的なストレッチです。
  • 筋肉には酸素が必要ですので、伸びている間はゆっくり深呼吸しましょう。
  • 『痛かったら、止める』、を心掛けましょう。
  • 最低でも週3回、20分程度のストレッチをしましょう。
    週2回のストレッチは現在の柔軟性を維持し、週3回以上は柔軟性を高めます。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.