リウマチ性関節炎を解説。

変形性関節症と症状がよく似ているリウマチ性関節炎について解説をしてます。

リウマチ性関節炎とは?

リウマチは、通常「慢性関節リウマチ」を指すことが多いですが、一般的には、関節や骨部、筋肉などの運動器官に痛みが起こる疾病がリウマチ性の疾患とされています。

リウマチ性関節炎とは、細菌やウイルスを抑えるはずの免疫機能が異常に反応してしまい、自己の細胞を敵とみなして攻撃してしまうという、自己免疫疾患の一つです。

一度発症すると、慢性的な疾患になりやすい病気と言われています。

リウマチ性関節炎の症状。

症状としては、膝や肘関節の周囲に左右同時に強い痛みが現れます。
悪化すると、関節の変形が進行し、激しい痛みで歩けなくなってしまいます。

リウマチ性関節炎を起こしている方の関節には、好中球(白血球の一種)が多く見られます。

また、骨液や血液には過酸化脂質が増加し、ビタミンCの量が普通の方よりも減少していることが分かっています。
(過酸化脂質とは、コレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたものの総称です。)

リウマチ性関節炎の予防や対策。

リウマチ性関節炎は進行性の病気なので、一度発症すれば完治するのは難しいと言われています。

その為対策には、早期発見・早期治療が最も大切です。

発症後は、関節への負担を軽減させる為に、適度な運動と正しい食生活が大切です。

・本サイトの利用は、トップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2009 グルコサミン.com. All Rights Reserved.